未来へ駆ける車のメカニズム

自動車の技術は日々進んでいます。
その中でも、環境に対する技術の進歩は目覚ましく、各メーカーが力を入れて技術開発を行っています。
未来の新しい技術として、燃料電池を動力源にしたものがあります。
これは、水素と酸素のみで発電をしその電力を動力源にするメカニズムを持っています。
水素と酸素の反応後には水しか出ません。
現在のガソリンエンジンで発生する、二酸化炭素やNOxやPMは発生しません。
まだ技術開発途中ですが、実際に公道を走行できる物の販売も開始されました。
他に注目されているのが、クリーンディーゼルと呼ばれるものです。
昔のディーゼルは黒煙をまきちらして環境に悪いエンジンでしたが、今日のディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりもクリーンかつ経済面でも有利になっています。
クリーンな排出ガスで環境汚染や地球温暖化への効果が見込まれている技術です。
また、すべてを電力で動くものもあります。
家庭電源から充電ができ、自ら制動エネルギーを電力に変えるメカニズムを持ったものもあります。
これらの技術に対して今後の課題は、インフラ整備が第一になってきます。
水素ステーションや、急速充電ステーションの整備が必要になってきます。
アイランド04 アイランド05