ディスチャージランプの特徴と具体的な役割

ディスチャージランプとは、メタルハライドランプといったHIDランプを使った前照灯です。ハロゲンなどの白熱電球に替わって、自動車や鉄道に使われるようになってきました。点灯時には青白く光り、時間が経過するとともに白色に変化するという特徴があります。色温度が4000Kから5500K程度の低いものであれば、明るく、見通しを確保できます。夜間走行が多い車両の視認性および安全確保を中心に、支持されてきました。消費電力が小さく、発熱も少なくなっています。フィラメントが使用されていませんので、消耗や断線といった劣化もなく、寿命は長くなります。紫外線の発生も少ないため、周辺の部品を劣化させないといったメリットもあります。しかし6000Kを超えるようなものであると、視認性が悪くなり、従来型よりも劣るということも発生してきます。純正品であるとそのようなこともありませんが、社外品を選択する際には注意が必要です。照射範囲調整なども、しっかりと行いましょう。一般的に車検対応は6000Kまでの白色となっています。または発熱が少ないため、融雪効果は下がります。使用する環境と照らし合わせて検討しなければなりません。光束の安定までに数秒から数十秒かかるkともありますので、その点も把握しておきましょう。

コメントは受け付けていません。