比較検証!MT、AT、CVTの基礎知識

運転免許証を取得する時に、マニュアルとオートマ限定のどちらを選ぶかで、車にマニュアル車とオートマ車があることぐらいは知っている人が多いはずです。マニュアルトランスミッションをMT、オートマチックトランスミッションをATと略しています。トランスミッションとは動力伝達装置のことで、エンジンのパワーを駆動系に伝える際に、走行に適した回転数に変える装置のことです。クラッチペダルでエンジンとトランスミッションを切り離したり繋いだりして、ドライバー自らがギアをチェンジするのがマニュアル車です。AT車は、クルマが自動的にギアを適切にチェンジしてくれるので、ギアやクラッチ操作が要らない分、簡単で楽に運転できることから日本の自家用車の多くがATになっています。また、運転の仕方はオートマ車と同じですが、1速、2速とギアが変速しないで、無段階に変速するトランスミッションのことをCVTといって、最近では変速ショックがないスムーズな走りが実現するため、このCVTを取り入れたクルマが多く販売されています。それぞれを比較すると、燃費が良いのはマニュアル車ですが、渋滞やストップアンドゴーが多い日本の道路事情では、運転が厄介という点で人気が低いです。CVTは変速ショックがなくてスムーズな走りなので、快適さと走りの良さでは軍配が上がりますが、コスト面ではオートマ車の方に軍配が上がるので、走りか価格かどちらを重視するかによるでしょう。しかし、人車一体感などの走りを楽しみたい人には、マニュアル車が向いていると言えます。

コメントは受け付けていません。