違いはなに?MT、AT、CVTのそれぞれの良さ

MTは運転手が自ら任意のギアを選択することができ、状況に合わせた運転をすることができるというよさがあります。
また、直接エンジンとギアがつながるため伝達効率が良く、燃費に優れるという利点があります。
構造が単純であるため、コストが安く修理をすることになった場合にも他のトランスミッションと比較して費用が安いのも利点のひとつです。

次にATですがこれは何といってもアクセルを踏むだけで、車を動かすことができるので運転が楽なのが最大のメリットとなっています。
最近はギアの数が多段化されていることで、燃費の良いものも多くなっています。

そして、CVTですがこれはATの一種でありATとの違いというのはギアが存在せず、無段階に変速をすることができるのでエンジンの一番効率の良い部分を使用することができるので、燃費の良い走行をすることができるという利点があります。
操作に関しても変速操作が必要なく、アクセルを踏み込めば発進することができギアが存在しないことから、滑らかなショックの少ない加速ができるのもCVTの良さのひとつになっています。

それぞれのトランスミッションにはこのような違いがあり、異なる長所をもつものとなっています。

コメントは受け付けていません。